Marathon地球の奥地マラソン

これまでに企画・実施したツアーで走った、地球の奥地マラソンです。 気になる地球の奥地マラソンはありますか? お客様が企画した特別なツアーを、慎ちゃんが手配します!お気軽にご相談、お問合せください。

Siberian International Marathon

シベリア国際マラソン

  • フル、10km、6km
  • 気温 10〜12度C位が予想される
  • スタートは9時 17世紀建立の聖母被昇天大聖堂前  鐘の音が合図だ。
  • 前半は、歴史的な町並みと樺の木が印象的なイルチシ川沿い、折返し後はロシア最大の製油所がある工業地区を走りゴ-ルへ。
  • 制限時間 5時間30分
  • メダルと完走証明書
  • 閉会式 オリンピックの様に盛大で「明るく、色彩に富み、豪華で、風船が滝の様に落ち、花火が打ち上げられ、誇らしげに壇上に立つアスリート達を祝福する。
フル 10Km 6Km メダルと完走証明書 空飛ぶマラソン・ランナー

慎ちゃんのコメント

シベリア国際マラソンこのマラソンはオムスク市民にとって非常に身近なもので、この大会をうっかり忘れる事のない様にと、「空飛ぶマラソン・ランナー」の像が街の中心部に建てられている。
そして、大会当日に、この 「空飛ぶマラソン・ランナー」はレースの為にやって来た
ランナーの名前で飾られる。
慎ちゃんと「地球の奥地を走る」ツアー仲間の名前も飾られるのだろうか?
そんな世界に2つとないマラソンを走りたい・・・。 夢は広がる。

1990年、オムスク市が旅行者に門戸を開いた歴史的な年だ。

それを記念して開催されたこの大会は、その後毎年世界40ヶ国以上のランナーを大歓迎している。勿論、レースディレクターの文面から慎ちゃんと「地球の奥地を走る」ツアーメンバーも同様だ。

大会の看板やポスターが街に溢れ、メディアも盛んに取り上げ、人々の興奮と期待は高まり、当日は学生も政治家も年金受給者も街に出てくる。

人々は様々な方法で応援するが、沿道でクランベリ-・ウォーターや手作りパイをランナー に手渡すのはオムスクだけだろう。

ロシアの文豪ドストエフスキーのゆかりの地、100年程前の商館、邸宅、教会が並び、かつてはシベリア鉄道の中心地でその名残りを残す。

地球の奥地マラソンに戻る

Contactお問合せ

気になる地球の奥地マラソンは見つかりましたか?

お客様が企画した特別なツアーを、慎ちゃんが、手配します!
お気軽にご相談、お問合せください

「自由な旅」「本当の旅」の楽しみ方を知っている
旅のベテランさんにも 満足していただけると思います。

お問合せフォーム

必要項目をご入力の上「送信する」をクリックしてください。
メールで直接お問合せの場合は tabiz@shinchan-run.com へお願いいたします。

お名前 必須
メールアドレス 必須
お問合せの内容 必須

お電話でのお問合せはこちら

海外マラソンデスク
高橋 慎一(慎ちゃん)携帯

※土・日・祝日は休業。
セールス目的のお電話はご遠慮ください。