Marathon地球の奥地マラソン

これまでに企画・実施したツアーで走った、地球の奥地マラソンです。 気になる地球の奥地マラソンはありますか? お客様が企画した特別なツアーを、慎ちゃんが手配します!お気軽にご相談、お問合せください。

The BIG WILD LIFE RUNS

ビッグ・ワイルド・ライフ・ラン(BWLR)

  • The Anchorage Mile (1mile run)
  • 49km ウルトラマラソン  制限時間7時間30分
  • 「ムースの歯」マラソン(42.195km) 同 6時間30分  500人 「痩せたカラス」(ハーフマラソン) 同 6時間
  • 「マラソン・ウォーカー」 同 6時間30分
  • 5kmもあるよ。
  • 気温  15~16度Cの予想(快適!!)
  • エイドは3kmごと。水とスポーツドリンク  食べ物なし
  • 長袖参加Tシャツ、完走メダル、ゴールでは飲食物あり

(2014年)

慎ちゃんのコメント

Last Frontier(アラスカの辺境のその奥地)へ!

第7回 The Big Wild Life Runと極北アラスカ

昨年の春、アラスカの The Big Wild Life Run のレース・ディレクターのAnchorage Running Club のシャロンさんからメールが入った。地球の奥地を走る慎ちゃんの噂を聞いて、素晴らしいマラソンと滞在を約束するので、是非参加して欲しいと言う。

それはアラスカ最大の街アンカレッジの郊外を走る慎ちゃん3ヶ所目の自然美溢れるアラスカマラソンだ。

そして、慎ちゃんが行きたい。見たい。実体験したい。と選んだのはアラスカ物語で知られるビーバーと、夏でも北極海を渡る風が刺す様に冷たいアラスカ最北の町バロ―だ。

今から103年前、バローに住んでいた日本人・フランク安田は飢餓と疫病に苦しんでいたエスキモーの人々と共にブルックス山脈を越え、ビーバーに移り住んだ。彼の功績をアラスカ大学フェアバンクス校の博物館に訪ね、墓参りにも行こう。

そして、バローがあるNorth slope 郡は、北海道の3倍の土地の8つの村に人口8,000人。地上交通機関のないアラスカ果ての果て」か?

何もないのか? いや、そんなはずがない!

物・人・お金・情報・騒音・公害・食べ物・犯罪・便利・IT・効率が溢れかえる日本人が行く。

地球の奥地マラソンに戻る

Contactお問合せ

気になる地球の奥地マラソンは見つかりましたか?

お客様が企画した特別なツアーを、慎ちゃんが、手配します!
お気軽にご相談、お問合せください

「自由な旅」「本当の旅」の楽しみ方を知っている
旅のベテランさんにも 満足していただけると思います。

お問合せフォーム

必要項目をご入力の上「送信する」をクリックしてください。
メールで直接お問合せの場合は tabiz@shinchan-run.com へお願いいたします。

お名前 必須
メールアドレス 必須
お問合せの内容 必須

お電話でのお問合せはこちら

海外マラソンデスク
高橋 慎一(慎ちゃん)携帯

※土・日・祝日は休業。
セールス目的のお電話はご遠慮ください。